不良馬場は逃げ、先行馬 競馬格言

N島自己紹介

不良馬場は逃げ、先行馬 競馬格言

競馬格言のひとつ。

不良馬場の場合は、芝にしろ、ダートにしろ絶対的に逃げ・先行有利

理由は簡単で、後ろから追う馬も騎手も気持ちが萎えてしまうから

不良馬場の場合は、新聞の道悪の巧拙などまったくアテにならない、とにかく行ける馬から買う

不良馬場で差し、追い込み馬にこられたら「仕方ない」と諦めるしかない

これは思い当たる節がある。

ロジユニヴァースが勝ったダービーとかだ。

体調不良とか言われていたのに、結局逃げ切ったのがロジユニヴァースで2着がそのままリーチザクラウン。

ジャパンカップのタップダンスシチーが9馬身ちぎった時も同様だろう。

となるとだ・・・

不良馬場においてはハンデの軽い逃げ先行馬が良いと言うことになる。

確かに、追う側の方が泥をかぶったりして苦しい。

これは覚えておいて損はないかもしれない。

以前は水かきがついている馬がいると言われたように・・・・

不良馬場が得意だとされる馬がいたけれども・・・・・

蛯名騎手曰くは、不良馬場が得意な馬などいないらしい・・・

苦手意識が薄い馬がいるだけでという事で・・・・・

そう考えると、さらに泥とか被らされたら、走る気がなくなるのもうなずける・・・・

古来より、兵士の士気が下がればどうにもならないと言われている通り・・・・

モチベーションが下がったら確かにどうにもならない・・・・

前に行った方が有利にはなるだろうと思わされる・・・・

スポンサーリンク
レクタングル