無傷の連勝馬は中身をよく見ろ 競馬格言

N島自己紹介
スポンサーリンク

無傷の連勝馬は中身をよく見ろ 競馬格言

競馬格言のひとつ。

無傷の連勝馬といっても2歳から3歳前半のそれと、3歳後半以降ではかなり話が違う

前者は普通に考えてクラシック候補となるはずなので眼が離せないのは当然

問題は古馬の場合で、買えない連勝パターンと買える連勝パターンがある

買えないパターンは、3歳夏のローカルデビューからの連勝馬

これは秋の中央開催でたびたび裏切る。夏のローカル連勝馬は疑ってかかった方が賢明

買えるパターンは何がしらの理由で3歳秋までデビューがズレ込み、ポンポンと勝ち上がってきた馬

これは素質の違うということで、1000万までは文句なく買い続けた方がいい

1600万も無傷のまま突破したら、その馬はG1級かもしれないと思ってもいいらしい。

マーべラスサンデーの事を指しているんだろうか。

連勝馬は連勝が途切れるまで買えと言われているが・・・・

実は連勝はかなり難しいと思っている。

当たり前だが・・・

競馬は相手が弱ければ弱いほど勝ちやすい。

そして連勝すると人気は上がるのに、相手が強くなるのだ。

弱い相手に勝ってきた馬が、強い相手にマークされるようになってはそれは苦しい。

余程実力に差がない限り・・・・

連勝を継続することは難しいと思っている。

あとはオッズだろう。

連勝しても人気の上がらないタイプと人気が上がっていくタイプがいる。

前者は買いだろうが・・・

後者は・・・・

かなり買い辛い。

連勝馬は諸々検証の余地がある。

それでも前提として、無敗のわけなので・・・・・

無敗は負けるまでは追いかけた方がいいかもしれない・・・・

そういった競馬格言もあったはずだ・・・・

無敗は一応無限の可能性がある・・・

連対率100%はその限りではない・・・

弱い相手に100%でも仕方がないからだ・・・・・

スポンサーリンク
レクタングル