オープン特別出走のG1馬は無視 競馬格言

N島自己紹介

オープン特別出走のG1馬は無視 競馬格言

競馬格言の一つ

これはそうかもしれない。

オープン特別は、それ専用の馬を狙っていればいい

G1馬がオープン特別に出走してくるからには、休み明け、先を見据えてのステップ、あるいはスランプ中など、何かそれなりの理由があるはず

いずれにせよ完調であるわけもなく、モチベーションも重賞に比べ低賞金の為に低い

なので、ヤル気の無いG1馬など無視の一手

馬券に絡んだところで配当はたかが知れているので、惜しくもないと言われている。

格 調子 展開

と言われている格言もあるが・・・

それ以上に人の意図を考えるべきだろう。

すべての行動には意図があるのだ。

無論、無意識の行動もあるかもしれないが・・・

仕事には目的が必ずあるはず。

上記の格言でいえば騎手も重要だろう。

誰を乗せているのか。

超一流騎手を乗せているようなら・・・・

それでも勝ちに来ていると思えるが・・・・

大体、世の中のすべてのことは・・・

人の意図を考える事で上手く回せるようになる。

戦国時代にしても・・・

他人の意図を読み、それを逆手にとってのし上がった大名が多いのも事実。

逆にいえば・・・

人の意図を考えないようであれば、この社会を上手く回っていくことはできない。

普段から、人の行動と言動からその意図を読み取る意識を持っているだろうか。

これは競馬に限らずだけれども・・・・

意図を考える事が重要だと思うのだ。

上記のケースでいけば・・・

G1馬をオープンに出す理由を考えるべきだとしていると思われる。

普通に考えれば出す理由はないが・・・・・

マイネルホウオウのように・・・・

衰えたパターンが一番多いのかもしれない・・・

となるといずれにせよ買えないという結論に至る・・・・・

でも、過去の実績から人気いなりやすいので・・・・

消してこそ妙味なのかもしれない・・・・

スポンサーリンク
レクタングル