冬場の中山ダートは大型馬の天下 競馬格言

N島自己紹介
スポンサーリンク

冬場の中山ダートは大型馬の天下 競馬格言

競馬格言の一つ

中山の厳冬期の未勝利戦ならダート1800Mで2分を越える勝ち時計も、おおげさとはいえなくなる程パワーを求められる

なので、冬場の中山ダートの良馬場においては大型馬さえ追いかけていれば、ある程度の見返りが期待できる

大型馬=パワータイプとは一概には言えないものの、基本的に冬場の中山ダートは迷ったら大型馬を買うべき

と言われている。

他の競馬格言にも・・・

冬場の東京ダートは大型馬を狙え 競馬格言 というのがある。

冬場は空気が乾燥しているため砂の含水率も低くなり、砂がぱさぱさに乾く。

乾いたダ-トは走るのにその分パワーを必要とするので、大型馬が優位性を発揮できるのではないかと言われている。

大型馬の方がパワーにおいて勝っているケースが多いとされている。

実際府中に限ったことではないと思うが・・・

雨が降ると先行が有利だし、やはり乾燥している時期は大型馬がいいのかもしれない。

まるで意識したことはないが、検証してみたいと思える内容だ。

時期別の連対馬の馬体重平均を見てみたい。

と思っていたけれども、そもそも論としてターゲットで馬のデーターを抽出すると・・・・・

500kgオーバーの馬の方が勝率が高いことがわかる・・・・

人間の格闘技と同じで・・・・・

馬も基本的に大きい馬の方が強い可能性が高い・・・・

馬体重も増加傾向の方がいいことは間違いないし・・・・

常に2択で迷ったら大型馬でもいいのではないかと思えている・・・・

よくよく考えれば同斤であれば、そりゃ馬体重重い方が有利だよなあ・・・・

ディープインパクトの馬体重は減り続けていたけれども・・・・・

そう考えると改めてすごい馬だなと思わされる・・・・

スポンサーリンク
レクタングル