少頭数の競馬は差し馬の出番 競馬格言

N島自己紹介
スポンサーリンク

少頭数の競馬は差し馬の出番 競馬格言

競馬格言の一つ

普通に考えると少頭数の競馬はペースは速くはならない

なぜなら、頭数が少ない分、ペースを落として逃げても絡んでくる馬が単純に少ないから

結果、先頭から最後方まで全馬持ったままで勝負は直線の決め手比べとなる

こうなると位置取りなんか関係ない

特に差し、追い込み馬にとっては、馬群を捌く必要がないので存分に末脚を伸ばせる

ペースが遅いにもかかわらず、差し-差し決着、そんなことがしばしば起こる

とはいえ、ジリジリ伸びてくる馬はダメで瞬発力で勝負するタイプの差し馬ということがポイント

少頭数は逃げ・先行馬有利ということは絶対にない

これは確かにと思う。

頭数が少ないと、不利を受けにくいと言うのもあるんだろう。

純粋にラップタイムが優れている馬が良く来る。

後輩の本命も、小頭数がやたら来るイメージがあるのだよなあ・・・

分母が小さいという事は紛れが少ないと言えるのかもしれない・・・

ただ・・・・

考え方によっては1頭にマークが集中するともいえる・・・・

小頭数の断然の1番人気って勝って当たり前のようで取りこぼすことも多い気がするが、能力が抜けきっているわけではないということなのかもしれないな・・・・

スポンサーリンク
レクタングル