端数ハンデは基本的に買い 競馬格言

端数ハンデは基本的に買い 競馬格言

競馬格言の一つ

これはほとんどのケースで0.5キロJRAよりおまけしてもらったものと考えられる

なぜなら、出走頭数を確保したいというJRAの意図を感じ取ることができるから

57.5キロの馬の適正ハンデは57キロ

58.5キロの馬の適正ハンデは58キロと思っていい

0.5キロとは言え軽くなっているのだから買いが正解と思われる

牝馬は牝馬限定戦なら同じ理由で端数ハンデは買いだが、牡馬混合戦の場合は積極的には買いたくない

理由は55キロ以下の端数ハンデは見た記憶が無いからで、仮に55.5キロで出走の牝馬は実質57.5キロで牡馬混同戦に出ることになる

こうなると好走は難しいと見るのが妥当だからだ

個人的には・・・・・

ハンデ戦を見るときはハンデよりもオッズに注目している。

斤量は軽ければ軽い方がいいと思うんだよなあ・・・・

なので・・・

これからはこれも注目してみたいと言うレベルの内容だ。

確かにハンデの端数などそんなに気にしなかったものな・・・・

スポンサーリンク
レクタングル