馬のコンディションこそが優越性 ピッツバーグ・フィル

馬のコンディションこそが優越性 

ボクサーにしろ、運動選手にしろ、調子が悪ければ弱い相手に負ける。

馬も同様で調子を見抜くことが結果へとつながる ピッツバーグ・フィル

米国の超有名馬券師。

1800年後半から1900年あたりに活躍した伝説の馬券師。

本名はジョージ・E・スミス。

1905年2月に43歳の若さで死亡。

競馬はビジネスで、馬は格だと言う信念を持つ。

1900年代に競馬だけで500万ドルの資産を作り出した。

現状の円換算でも4億円だが、当時の貨幣価値を考慮すると、どれほどの資産か想像できるだろうか。

これはそうなんだろうけれども・・・

実際は難しい。

パドックを見ていてもそうだけれども・・・

馬のコンディションはいいか悪いかわからない。

ただ、覇気の有無はなんとなくあるかもしれない。

やはり下を向いている馬が勝てる気はしないし・・・

入れ込んでいる馬も同様だ。

そうやって消去法で調子の悪そうな馬を否定するくらいしか一般的な人には難しいだろう・・・・

以前にインタビューで武豊騎手がパドックで馬を見て何がわかるんでしょうねと言っていたコメントを思い出す・・・

多分、乗る人は分からないけれども、厩舎の人や普段世話している人は分かるのだろうな・・・

だとしたら・・・

普通の競馬ファンには厳しいと思わざるを得ない・・・・

スポンサーリンク
レクタングル