ハンデ戦のトップハンデは不利が多い ピッツバーグ・フィル

N島自己紹介
スポンサーリンク

ハンデ戦のトップハンデは不利が多い ピッツバーグ・フィル

米国の超有名馬券師。

1800年後半から1900年あたりに活躍した伝説の馬券師。

本名はジョージ・E・スミス。

1905年2月に43歳の若さで死亡。

競馬はビジネスで、馬は格だと言う信念を持つ。

1900年代に競馬だけで500万ドルの資産を作り出した。

現状の円換算でも4億円だが、当時の貨幣価値を考慮すると、どれほどの資産か想像できるだろうか。

これは当時の時代背景に拠る物と私は解釈しているが・・・・

当時はハンデ戦が主流だったようで、人気馬=トップハンデという意味合いだと思うのだ。

つまり・・・

オッズが低ければ低いほど不利を受けやすいと言う話と同様なのではないかと思うのだ。

やはり・・・

オッズが低い馬は嫌うべきなんだろう。

そう思わされる話だ。

といっても私の解釈だが・・・・

ただ、ハンデが重くなるってことはそれだけ実績を出しているという事・・・・

それが過剰に人気になってそれこそ市場オッズが適正オッズを下回る可能性だってある・・・・

好走すればするほど・・・・

人気が上がるのは仕方がないが・・・・

それでトップハンデなら消耗が激しいと考えるべきかもしれない・・・・

スポンサーリンク
レクタングル