オッズの付くところを多く買え 競馬格言

オッズの付くところを多く買え 競馬格言

競馬格言のひとつ。

これをやらないと大多数の競馬ファンは馬券で儲からない

具体的な例を挙げると、オッズ5倍と10倍の2点を購入するとする

その時に5倍を2000円、10倍を1000円という風に買う人が驚くほど多い

5倍の方がはるかに堅いと思えるのなら納得もいくのだが、ただ単に「オッズが低いから多く買わないと払い戻しが少ない」という理屈は絶対に通らない

オッズの付く方を多く買う、最悪でも同額を買わないと、どこまでいっても馬券で儲けることなんて出来ない

これは非常に正しい格言だと思われる。

転がし馬券術もそうだが・・・

勝とうと思ったら、外れを受け入れる覚悟が必要だ。

同じくらいだと思ったらオッズは高ければ高い方がいい。

オッズの低い方よりも高い方を買った方が儲かる可能性はあるだろう。

そもそも・・・

ガチガチ馬券をずっと買ったらまず儲からない。

大体の人は、外れる恐怖、失うことに対する恐れ、外れを受け入れる覚悟を持てないから・・・・

儲からない馬券を買うことになる。

そう・・・

オッズなんだ、勝負の結果を決めるのは。

ただ、オッズが高ければいいというわけではないけれども。

低いオッズを来たら仕方がないと受け入れる覚悟を持つこと。

私も受け売りで教えられたことだけれども・・・

競馬ソフトによるオッズ切で馬券を買うこと。

これは非常に理にかなった買い方だ。

PCで買わないと、普段勝ち越している人も勝てないと言いきっていた。

アナログでは競馬は勝てない。

競馬場や、WINSで紙で馬券を買うと・・・

その時点でもう勝てない土俵なのだろうな。

そう思わされる・・・

そして・・・

これは今では原則だと思うのだ・・・・

確率とオッズは統計的には比例しているように見受けられるが・・・・・

思っているほど、近くはない・・・・・

紛れを取らないと勝てないのだから・・・・・

オッズが低い方と高い方・・・・

着たらうれしい方を絞って買うべきなんじゃないかと思うのだ・・・・・

両方来ない事も考えられるのだから・・・・・

スポンサーリンク
レクタングル