競馬で儲けている人はすべて節度ある生活をしている ピッツバーグ・フィル  

競馬で儲けている人はすべて節度ある生活をしている ピッツバーグ・フィル  

米国の超有名馬券師。

1800年後半から1900年あたりに活躍した伝説の馬券師。

本名はジョージ・E・スミス。

1905年2月に43歳の若さで死亡。

競馬はビジネスで、馬は格だと言う信念を持つ。

1900年代に競馬だけで500万ドルの資産を作り出した。

現状の円換算でも4億円だが、当時の貨幣価値を考慮すると、どれほどの資産か想像できるだろうか。

これは本当にそうだと思う。

阿佐田哲也氏も言っているように、博打は自己管理。

セルフマネジメント、資金マネジメント。

そういった忍耐力と覚悟がないと勝てない。

どういうわけか・・・

私が知る限り、ギャンブルで勝っている人はやはり社会的ステイタスも高い事が多い。

自己管理徹底できているだろうか。

そんなことを思わされる言葉だ。

と昔も思ったのだけれども・・・・

今はセルフマネジメントが最大級に重要だと思う・・・・

感情的にならず、冷静に徹しないとまず勝てるようにはならない・・・・

今すぐの望む結果をもたらせようと焦る心が地獄への誘い水となる・・・・

頑なにまで、欲をかかずにじっと上手くいく方法を守り続ける、掟を守るような自己管理が重要なのだと思うのだ・・・・

スポンサーリンク
レクタングル