3本の矢だな・・・・

N島自己紹介

有名な毛利元就のエピソードだが・・・・

実際は兄弟3人を集めることができたのかは謎だ・・・

ただ・・・

概要としては・・・

ある時、毛利元就が三人の兄弟を呼びつけ、一本の矢を折ってみよ!と三人の息子達に言いました。

三人の息子は、すぐに折ってみせました。

では、次に一本の矢を二本に重ねた状態で折ってみよと、言いました。

これも3兄弟は折ってみせました。

3本ならどうだ?と三本に重ねた状態で折らせようとしたところ・・・・

息子たちは勢いよく力を入れたが、子供達ひとり、ひとりの力では折れませんでした。

つまり、一本の矢では、簡単に折れてしまう=一人の力ではとても脆い

しかし、三本の矢なら、中々折れない=三人の力を合わせれば、どんな困難でも立ち向かえる、強固な絆が生まれる。

という、兄弟の結束・団結力を説いたエピソード

絵本や小学生の教科書にも載っていた話なので有名な話・・・

これはすべてにおいて言えるけれども・・・・

他力を上手く使う事・・・

社会生活でもそうだし、ギャンブルにおいても同じことだ・・・

というのも自分より優秀だったり、自分ができない事を他人の協力を得て行動した方が時間的効率もクオリティもすべて上がる。

例えば、最近の私が使用しているロゴも友人の協力を得て作ってもらったもの。

私にはこのレベルでさえできないが・・・

宇宙一ツイているロゴとかNスポのロゴも結構気に入っている。

これはギャンブルにおいても言えて・・・

自分で予想と買い方と統計すべてを取っていたらかなり厳しい戦いになる・・・

なので、私自身は予想の部分を捨てることで、買い方と統計の研究をしている・・・

予想を後輩という他力を使う事で・・・

3本の矢と似た事をしていると思うのだ。

また・・・

その先の話にもなるけれども・・・

先日アップしたととさんの馬券画像・・・

あれからも学ぶべきことが多々あって・・・・

競馬の勝ち方や勝てる方法も・・・

ひとつだけだと危ないなと・・・

偏りによって殺される可能性があるが・・・・

ととさんのように・・・

WIN5

帯馬券狙いソフト

後輩と自分の予想

それぞれ独立したプラスになる馬券の買い方を持っていると・・・

もの凄く安定する・・・

私にも同じことが言えて・・・・

単勝だけよりも連系でも勝てる買い方の柱を持てば・・・

2本の矢になる・・・・

単勝だけの時よりもずっと安定するはずだ。

なので、私もギャンブルにおける3本目の矢が欲しいのだけれども・・・

FXは厳しいしなあ・・・

競馬でもう1種類勝てる方法を探さないとな・・・・

やはり帯馬券狙いかWIN5か・・・

ただ・・・

私の予想にそれほどの精度がないので・・・・

それをどう克服するかだけれども・・・・

ととさんの馬券の買い方を見ても・・・

当てにいっちゃいけないんだよな・・・

勝ちにいかないと・・・・

どうにか他力を集約し・・・・

一匹狼の天才ギャンブラーを凌駕するパフォーマンスを出したいところだ・・・・

2本の矢はできたつもりなので・・・・

脆弱なメンタルを鍛えた事もあり・・・

セルフマネジメントもできるようになった・・・

後は・・・

勝ち方の矢を増やし・・・・

余程間違えたり、外的要因にやられない限りは負けないはず・・・

今思えば・・・

何故、もっと早くちゃんと統計を取らなかったのか・・・

面倒くさいという魔物に負けて、自分を軽視しすぎていた・・・

それもメンタルだと思うのだ。

絶対にこの自分が負けていいはずがない・・・

そのくらいの強い信念を持っていないと・・・・

腹切るか、勝つかの2択しかない等の覚悟がないと・・・

勝てないよな・・・

世の中、自分を大事にしていない人間が多いのかもしれないな‥‥

特にギャンブラーは結果に否定されるので・・・・

より卑屈になる傾向があるように思われる・・・

3本の矢・・・

ギャンブルに限らず、サラリーマンもそうだよな・・・

1つの会社で会社員だけで生きていける時代はもうとっくに終わった気がする・・・

サラリーマンはあくまで保険・・・

2の矢、3の矢がないと簡単に折られてしまう・・・

蒼天既に死すだ・・・・

古き良き時代の一億総中流で誰もが普通に生きていける時代はとっくに終わったのだろう。

インカム至上主義ともいうべきくらい・・・

矢を探さないと・・・

まともに生きていけない。

さあ、より勝つための方法を今日も探そう・・・

何気にカイジの大槻班長の言葉は有名だけれども真実でかなり好きだ・・・

今日のみ、今日のみ頑張るんだ。

今日のみ頑張った者だけに明日が来る・・・

けだし名言だと思う。

今日を頑張らない奴に明日はないってことだよな・・・・

ギャンブルの研究も同じことだと私は思う・・・       

スポンサーリンク
レクタングル